# 3. MIDI 2.0 の互換性要件

Deviceは、MIDI-CI*に加え、以下の機能を1つ以上実装している場合、MIDI 2.0に対応していると主張できる。

  • MIDI-CI Profile Configurationメッセージを使用して制御できる1つ以上のProfile。
  • MIDI-CIのProperty Exchangeメッセージを使用したProperty Dataの交換。
  • Universal MIDI Packet (UMP) Format and MIDI 2.0 Protocolで定義されたMIDI 2.0のチャンネル・ボイス・メッセージ。
  • Universal MIDI Packet (UMP) Format and MIDI 2.0 Protocolで定義されたJitter Reduction Timestamp。
  • Universal MIDI Packet (UMP) Format and MIDI 2.0 Protocolで定義されたSystem Exclusive 8。
  • Universal MIDI Packet (UMP) Format and MIDI 2.0 Protocolで定義されたMixed Data Set。

注: MIDI-CI を実装するための最小要件のリストについては、「MIDI Capability Inquiry (MIDI-CI) Version 1.1」規格の付録Aを参照。

Last Updated: 2021/11/9 2:38:51