# 1. 序文

# 1.1 背景

MIDI 2.0はMIDI 1.0の拡張である。MIDI 2.0はMIDI 1.0に取って代わるものではなく、MIDI 1.0の基本的な考え方、アーキテクチャを土台として設計されている。

MIDIは、電子楽器間における通信の世界標準として1983年に誕生して以来、成長を続け、ユーザーに貢献してきた。その後、MIDI業界は一般社団法人音楽電子事業協会(AMEI)とMIDI Manufacturers Association(MMA)による標準化の取り組みを通じて、数十年という長い年月をかけて、MIDIの機能と市場範囲を大幅に拡大してきた。

MIDI 1.0には、将来の拡張を妨げるいくつかの制約があるが、MIDI 2.0ではこれらが解決されている。MIDI 2.0拡張機能の基本的なアーキテクチャは、MIDI Capability Inquiry (MIDI-CI)規格によって定義されている。

MIDI-CIによって、双方向通信が可能なDeviceは、MIDI 1.0との後方互換性を担保しながらMIDI 2.0の拡張機能を使用することができる。

MIDI 2.0は独立した規格ではない。MIDI 2.0を実装するには、メーカーと開発者はMIDI 1.0を理解しておく必要がある。

MIDI 2.0 Specification Overviewでは、MMA/AMEIが発行する規格のうち、MIDI 2.0規格に属する規格群を定義する。

また、DeviceがMIDI 2.0互換性を主張するための最小要件についても定義する。

# 1.2 関連文書

The Complete MIDI 1.0 Detailed Specification, Document Version 96.1, Third Edition, Association of Musical Electronics Industry, http://www.amei.or.jp/ (opens new window), and MIDI Manufacturers Association, https://www.midi.org/ (opens new window).

MIDI Capability Inquiry (MIDI-CI) Version 1.1, Association of Musical Electronics Industry, http://www.amei.or.jp/ (opens new window), and MIDI Manufacturers Association, https://www.midi.org/ (opens new window).

Common Rules for MIDI-CI Profiles, Version 1.0, Association of Musical Electronics Industry, http://www.amei.or.jp/ (opens new window), and MIDI Manufacturers Association, https://www.midi.org/ (opens new window).

Common Rules for MIDI-CI Property Exchange, Version 1.0, Association of Musical Electronics Industry, http://www.amei.or.jp/ (opens new window), and MIDI Manufacturers Association, https://www.midi.org/ (opens new window).

Universal MIDI Packet Format and MIDI 2.0 Protocol, Version 1.0, Association of Musical Electronics Industry, http://www.amei.or.jp/ (opens new window), and MIDI Manufacturers Association, https://www.midi.org/ (opens new window).

# 1.3 用語

Device: ハードウェア機器またはソフトウェアアプリケーションおよびプラグインソフトウェア。

MIDI-CI: MIDI Capability Inquiry (MIDI-CI)規格。

MMA/AMEI: MIDI Manufacturers Associationおよび一般社団法人音楽電子事業協会。

Profile: MIDIメッセージと、そのメッセージに対して定義された応答のセット。Profileには、必ず対応しなければならない最低限のメッセージセットと、それに加えてオプショナルなメッセージセットがある。General MIDIはProfileの一例である(ただし、オリジナルの形式ではMIDI-CI Profileのすべての要件を満たしているわけではない)。General MIDIは、1つの仮想ケーブル(またはストリーム)の16個のチャンネルすべてでGMメッセージをサポートするための要件を定義している。今後のProfileでは、仮想ケーブル内の1つのチャンネルのみのサポート、あるいは複数の仮想ケーブルまたはグループを使用した16個を超えるチャンネルのサポートが定義される可能性がある。

Property Data: Property Exchangeによってアクセスできる、Deviceの1つまたは複数のプロパティ。

Protocol: MIDIの制御メッセージのセマンティクスを定義する、データのメッセージ構造。MIDI 1.0のプロトコルには、送信されるコントロール・メッセージのオペコード、システム全体のメッセージ、16個のMIDIチャンネル形式の一部のメッセージのアドレス指定、そして一部のメッセージ・タイプ用に特定のオペコードに関連付けられた値が含まれる。

Receiver: SenderからMIDIメッセージを受け取って解析するMIDI 1.0のDeviceまたはMIDI 2.0のDevice。

Resource: Property Dataのセット。

Sender: MIDIメッセージを生成してReceiverに送信するMIDI 1.0のDeviceまたはMIDI 2.0のDevice。

Last Updated: 2022/1/26 4:48:23